目の視力回復のために努力|眼科の力も借りよう

ドクター

トレーニング方法

目

近視や乱視は眼科で診てもらわないと分からないので、視力が低下していると感じたときはまず眼科へ行って自分が近視か乱視なのかを知ることから始めましょう。眼科に在籍している専門医は目に関するトラブルに詳しいので、これから視力回復をしたい場合はどうしたら良いのかを相談していみることも大切です。その人に合った視力回復方法を提案してくれることもあるので、視力低下を進行させたくないときは視力回復の方法を実践して視力を少しずつ戻していく努力をしましょう。現在は医学が進歩していることから手術ですぐに視力回復ができるレーシック手術の方法もあります。しかしこのレーシック手術は費用がとても高額なため、手術をしたいからとすぐに検討することはできないという方も多いでしょう。お金をかけず手軽な方法で視力回復をしたいなら、目の血行マッサージや目のストレッチ方法がおすすめです。

普段から目を使っていると目の周りにある血流の流れが悪くなってしまい、それが視力低下を招くきっかけとなるので目の周りをほぐして目の血行を良くしましょう。目の周りにはたくさんのツボがあるので、血行に良いツボを刺激することで血流改善の効果が期待できます。また他にも温めたタオルを目の上に被せることで血行促進の効果も期待できるので、目が疲れている方はタオルで目を温める方法も実践していきましょう。また目のストレッチ方法では遠いところから近いところを見るストレッチをすることで目の筋肉を鍛えることができます。視力低下は筋肉の衰えも原因の一つなので、この筋肉を鍛えることで視力回復の効果が期待できるのです。